語学留学をしたいときにコストパフォーマンスを上げるための留学先の選び方

語学留学は英語の初級者から中級者まで幅広くスキルアップが可能な機会を手に入れられることが知られています。ただ、留学をするとなると費用面が悩みになりがちです。何とかしてコストパフォーマンスを上げたいというときには留学先をどのようにして選んだら良いのでしょうか。充実した留学期間を過ごせるようにしつつ、費用を抑えられるようにするためのコツを紹介します。

語学留学のコストについてよく考えよう

語学留学のコストパフォーマンスを上げたいと考えたときにまず重要なのが、留学するときにどのようなコストがかかるかを把握することです。語学留学では滞在先で語学学校に通うことになるため、その学費や教材費が必要になります。また、滞在期間中の住居費、食費などを含む生活費を用意しなければなりません。さらに、留学先への往復の交通費も準備しておくことが必須です。留学プログラムを利用するときにはそのプログラムの参加費用も必要になります。このように様々な費用が掛かることを考慮すると、留学先をどこにしたら良いのでしょうか。

東南アジアをターゲットにしよう

コストパフォーマンスを上げるには東南アジアを留学先として選ぶのが合理的です。英語の習得を目指す語学留学ならアメリカかイギリスではないかと思うかもしれませんが、必ずしもネイティブの国に行くのが学習目的でベストとは限りません。東南アジアでは日本を含むアジア諸国からの留学生を集めて語学学校で教育をするシステムを確立している国がたくさんあります。典型的なのがフィリピンで、日本や中国などから大勢の語学留学生が集まっています。アメリカやイギリスに比べると東南アジアは物価が低いので、教育費や生活費の負担が少なくて済みます。さらに、往復のフライト費用も半分未満で済むことが多いでしょう。ネイティブではない人たちに英語力をつけさせることを目的として学校を運営しているので、留学による英語力の強化もスムーズに進みます。このように総合的に見てコストパフォーマンスが上がりやすいのが東南アジアに目を向ける魅力です。

フィリピンはコストパフォーマンスが高い

東南アジアにもかなりの数の国がありますが、その中でフィリピンは語学留学に適しています。フィリピンは英語を公用語の一つとして位置付けているので街中での生活を英語で済ませられます。現地の人とのコミュニケーションも楽しめるので留学期間を充実させられるのです。

語学留学のコストパフォーマンスを上げるには総合的にコストを下げられる東南アジアを選ぶのが良い方法です。ただ安いだけでなく、ネイティブではない人たちのための教育体制を整えているので効果も上がりやすいのがメリットです。フィリピンは英語を公用語にしているので特に魅力があります。留学先選びで迷ったときにはフィリピンをまず候補にしてみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です