海外出張に合わせた英会話を習いたいなら講師の質を徹底して追求しよう

海外出張で英会話が求められている場合には、勤務先から英会話レッスン費用の補助が出ることが多いです。勤務先で英会話教室が指定されている場合には選択肢が少ないですが、英会話教室の指定が無いならレッスン内容と講師の品質で選ぶ必要があります。では、なぜ英会話レッスン内容だけでなく講師の質が重要となるのでしょうか。

海外出張先に詳しい講師が在籍している英会話教室が有利

海外旅行先で使う英会話とは異なり、ビジネス英会話は海外出張先の事情を把握することが実は重要です。なぜなら、世界中で使われている英語であっても、地域ごとに方言が多様化していてニュアンスが上手く伝わるとは限らないからです。英会話教室を価格だけで選んでしまうと、日本語でいう東北訛りや関西弁を身につけてしまう可能性があります。そして、英語の通訳になるために英会話レッスンを受けるわけではなく、あくまでもビジネスを行う上で必要な英語力を身につければ十分だと考えることが重要です。このため、英語を第2外国語として学んだ英会話講師よりも、海外出張先に詳しい講師から学べば無機質になりがちな英会話レッスンが実践的なものとなります。

コーディネーターと英会話レッスンの目標設定を行う

英会話レッスンを受ける際に目標を設定することは、ビジネス英会話では重要なポイントです。なぜなら、契約書の作成やチェックについては海外出張先で通訳が担当することになるので、商談で使えれば問題ない程度の英語力で十分だからです。完璧を求めすぎるよりも海外出張先へ向かう前に英語力を底上げするためにレッスンを受けると考えれば、目標設定を行い海外出張日程までにクリアすれば自信をもって海外出張へ臨めます。最初から不可能な水準の目標を設定せず、達成可能な目標に向けて準備するほど実践的な英会話力が身につきます。

ビジネス英会話は専用のカリキュラムで学ぼう

ビジネス英会話を専門的にカリキュラム化している英会話教室ならば、イギリス英語とアメリカ英語の違いをしっかり教えてくれるはずです。日本人にとってはアメリカ英語は聞き取りにくいですが、イギリス英語は聞き取りやすいことがよく知られています。勤務先からの指定が無ければ、イギリス英語を学んで海外出張先で使う方法も選択肢に入るはずです。なぜなら、ネイティブスピーカーは相手が話す英語に合わせて聞き取りやすく発音してくれるので、何度も聞き返す状況があれば相手が話している英語に近づけて発音するからです。ビジネス英会話として最小限の労力で英会話力を身につけることができれば、海外出張先でも困ることは減ります。

海外出張に合わせて英会話教室へ通う場合には、通訳レベルの英語力を期待されているわけではなく、商談に必要なコミュニケーション力が求められています。ビジネス英会話には、日本とは異なる英語圏での慣習が反映されているので、一通り身につけるだけでも最低限のビジネスマナーは踏襲できるはずです。厳密なニュアンスは現地通訳に任せれば良いので、あくまでも海外出張先で困らない程度の英会話力を身につけることを目標にしてカリキュラムをこなしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です